琵琶湖の水に感謝!

>
>
>
第6回滋賀県を再発見!!米原市を巡る旅

 

第6回滋賀県を再発見!!~米原市を巡る旅~ 11月17日(土)

滋賀県を再発見!!シリーズのバスツアーも今回で6回目を迎えました。

 

今回は、湖北 米原市☆総勢39名とバスが満席になりました。

当初お天気が心配され、伊吹山が見えた頃に、少しぽつぽつ雨が...だったのですが、

皆さんの願いが通じたのでしょうか、最初の目的地に着く頃には、雨もやみ、

とても気持ちの良いお天気になりました。

 

まず始めに、「伊吹の里 旬彩の森」では、恒例の道の駅お買い物です。

皆さん新鮮野菜など伊吹の名産物を大量に買っていかれ、レジは県人会の人で大行列になりました。

帰りのことを考えて、カートを持って来ておられる方多数!さすが旅慣れされています。

 

次に向かったのは、紅葉で有名な「清龍寺 徳源院」

京極家の菩提寺のお寺で、京徳家歴代のお墓が多数並んでいました。

住職のお話を聞き、部屋の中から見える紅葉のお庭を拝見させていただきました。

皆さん思い思いに撮影され、中でも人気だったのが、「幽霊の絵の掛け軸」!!

かなりのインパクトのある絵で、皆さん興味津々で見たり撮影されたりしていました。

 

そして昼食会場へ。 醒ヶ井宿の街道沿いにある「本陣樋口山」

こちらでは、米原市 平尾道雄市長にお越しいただき、ご挨拶を頂戴しました。

ご住職でもある平尾市長は、お忙しい合間を縫ってお越しいただきました。感謝です。

ニジマス料理の有名なこちらでは、ニジマスの焼き物や、お造り、ニジマスご飯に、近江牛など、

とても滋賀県らしいお食事をいただき、お隣長浜市の地酒「冨田酒造の七本槍」を楽しみました。

 

昼食後は、醒ヶ井宿をボランティアガイドさんの案内で、散策をしましたが、

昼食後、動けない~!という方もあり、散策チームと、ゆっくり休むチームに分かれました。

醒ヶ井宿は、湧き水の流れる名水の地で、梅花藻が有名です。

先の台風で、かなり流されてしまったのですが、流されずに残った白い小さい花をつけた梅花藻が

水の中で綺麗な緑を光らせていたました。

 

次の目的地は「ローザンベリー多和田」イングリッシュガーデンで、景色やお買い物等を楽しむ事ができます。花のシーズンが終わってしまっていたのですが、まだ少し残った秋バラが見られ、

メタセコイアの木は、紅葉まで後少しという感じでしたが、皆さん、お買い物をされたり、お茶をされたり、思い思いの自由時間を過ごされました。

 

最後に、長浜市になるのですが、木之本町にある「冨田酒造」へ。

こちらは、お昼でいただいた地酒の酒屋。ちなみに行きのバスの中でもいただきました。

お酒好きの皆さんですので、地酒の酒蔵へ行くのは毎回の恒例です。

ですが、、、富田酒造さんへ行く途中で、見つけてしまった「つるやパン」!!

そうです、今や滋賀県のソウルフードとなりつつある、「サラダパン」のお店です。

こちらでも、大量購入される方が続出。レジは大行列になり、県人会の方だけで、相当の数のサラダパン

が売れていきました。

 

盛り沢山の内容で、時間が押してしまい、京都駅到着が19時となってしまいましたが、

皆さん無事に帰ってくることが出来ました。駆け足の工程になってしまったので、次回はもう少しゆった

りとしたツアーを計画したいと思います。

 

道の駅 旬彩の森
店内は新鮮な野菜や名物がたくさん
清龍寺徳源院 でパシャリ♪
住職のお話を聞かせていただきました
紅葉が綺麗な参道
昼食会場 本陣樋口山  米原市 平尾市長にお越しいただきました
米原市 平尾道雄市長よりご頂戴しました
乾杯 西田副会長
お料理 新鮮なニジマスすごくおいしかったです
会場はお酒も進み盛り上がっていました
ボランティアガイドさんと散策
皆さん真剣に聞いておられました
梅花藻が綺麗に咲いていました
写真では伝わりきれないですが、水がとっても綺麗でした!!
ローザンベリー多和田
秋の景色は落ち着いていました
花の盛りにもぜひ訪れたい所です
冨田酒造目指して木之本町へ
木之元地蔵尊へ寄り道

 

 

 【今回訪れたところ】

 

☆ 伊吹の里 旬彩の森

 

 

 

☆ 清龍寺徳源院

 

 

 

☆ 本陣樋口山

 

 

 

☆ 醒ヶ井宿

 

 

 

☆ ローザンベリー多和田

 

 

 

☆ 冨田酒造

 

 

 

※ 米原市