琵琶湖の水に感謝!

>
>
>
皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝

皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝

全国駅伝の初めから、ちょうど100年目になる記念すべき大会であり、

大雪の中での開催という大会史に残る対抗駅伝になりました。

 

そんな大雪の中、県人会から相楽副会長を始めとした5人の有志が

西京極陸上競技場へ応援へ駆けつけていただきました。

 

京都でこんなに降り続ける雪も珍しい
競技場もスタンドも一面真っ白に・・・
選手の入場も雪の降る中行われました
極寒の中、応援に来ていただき、ありがとうございました!!
スタート前に、奇跡的に晴れ間が出ました♪
いよいよスタート!

 

 

スタートの時に、奇跡的に太陽が顔を出してくれたものの、

レース中は、また降り出した雪を頭に積もらせながら走る選手の姿は

本当に気の毒なほどでした。

そんな悪天候の中、滋賀県は昨年より順位を上げ、

2時間22分56秒で26位になりました。

優勝は、京都府。2位に岡山県、3位は千葉県でした。

 

夜は、新年会の席に選手団を招き、慰労会を行いました。

 

選手、監督、関係者の皆様、お疲れ様でした。

また来年に更なる期待をしています・・・